今年のまとめについて

小説
 今年、荒蝦夷さんから震災怪談の本『渚にて あの日からの震災怪談』が出て、そこに寄稿しました。
 震災から六年目に入り、ようやくひとつの形として世の中に出たことは良いことでした。そこで私なりの決着をつけました。この数年はずっと怪談でしかできないことを考えてきました。その気持ちに嘘偽りはなく評判はどうであれ全力を尽くしたと思います。その上で私は小説が書きたいのだと再認識しました。
 来年からは始めから構築しなおしていく作業になります。もし次、表にでるときは今の文章とはまた違っているものになるでしょう。

 

映画
 今年は『この世界の片隅に』が最大の収穫でした。アニメーションという形で消えてしまったもの、忘れ去られるものを再現してしまったという、映像、音楽、役者、どれもが最高峰の実力を発揮したものでした。
 『君の名は。』は新開監督の力量が存分に発揮されていました。新開監督はいつも主人公の世界への違和感をモノローグで表してから、それが物語と密接に関わっていく動機となるという手法をとっているのですが、今回はフィジカルな側面、なぜ起きた時に涙が流れるのか、という涙という肉体的な反射が、最後のカタルシスのきっかけとして現れるのは見事だと思います。物語の矛盾をすっ飛ばすカットの手法は非常に勉強になりました。それでも違和感はあるんですがね。
 他にも『シン・ゴジラ』『StartLine』などが印象に残っております。

 

プロレス

 夏の日、とある方々に夜通し2016のG1CLIMAX決勝戦などをみながら、三重副音声という講義を受け、数日後には新日本プロレスワールドの会員にもなり、半分洗脳に近い形でプロレスを知りました。本当に面白いです。家では家族が格闘技嫌い(なんで殴り合うのかわからない、男の裸気持ち悪いなどをいう)で実はほとんど知らずに今日まで過ごしてきたのですが。
 秋頃からは実際にプロレスを観戦しようと、仙台女子プロレス(橋本選手の王者戴冠をみた)年末には新日本プロレスの興行をみることもできました。わかっていないことが多い(今はストロングスタイルについて悩んでおります)ですがそれなりに楽しんでいます。選手では今のところ棚橋選手、柴田選手、ウィル・オスプレイ選手、ケニー・オメガ選手が好きですね(わかりやすいですな)。外見でかっこいい人が好きです。イッテンヨンも楽しみに待っております。